自己破産と借金の相談は弁護士・司法書士へ

全国や地方に住んでいる方が借金返済など、お金の相談をするなら?

借金の督促

「なぜこんなことになったんだ…。」
借金が増え、多重債務を抱え、自分だけで解決するのは難しい。
そんな状態なら、今すぐ弁護士や司法書士に相談すべきです。
司法書士・弁護士にお金・借金返済の悩みを相談し、最善の解決策を探してみましょう。
全国や地方で債務・借金の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談を活用してみてはいかがでしょう?
パソコン・スマホのネットで、今の自分の状況を冷静に相談できるから安心です。
当サイトでは全国や地方にも対応していて、インターネットで無料相談ができる法律事務所や法務事務所を紹介しています。
借金返済問題の解決のために、一刻も早く弁護士・司法書士に相談することを強くお勧めします。

全国や地方に住んでいる人が自己破産・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の借金返済問題の相談なら、コチラがおススメ。
弁護士対応で、しかも全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払は、分割払いも可能です。
相談料金はもちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、借金について相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに適したやり方で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性の人も安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

全国や地方に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる診断ツール。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
全国対応のサービスなので、全国や地方に住んでいる方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方近くにある法務事務所や法律事務所を紹介

全国や地方には他にもいくつかの法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてください。




地元全国や地方の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

全国や地方在住で多重債務や借金の返済に弱っている場合

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者などは、高い金利が付きます。
15%〜20%も金利を払うことになってしまいます。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年)くらい、マイカーローンの場合も年間1.2%〜5%ほどですから、すごい差です。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するような消費者金融だと、利子が0.29などの高利な利子を取っている場合もあります。
高額な金利を払いながら、借金は膨らむ一方。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないですが、額が大きくて金利も高利となると、完済するのは大変なものでしょう。
どうやって返せばいいのか、もはや当てもないなら、法務事務所・法律事務所に相談しましょう。
司法書士・弁護士なら、借金・お金問題の解決策を考え出してくれるはずです。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を請求して返す金額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決への始めの一歩です。

/借金の延滞金の減額交渉を行おう|自己破産

借金を返金することが不可能になってしまう原因の1つに高い金利が上げられるでしょう。
今はかつてのようなグレーゾーン金利も無くなってますが、それでも無担保のキャッシングもしくはカードローンの利息は決して金利は決して安いといえません。
それゆえに返済計画をきちっと立てて置かないと払戻が苦しくなり、延滞がある時は、延滞金が必要になるのです。
借金は放置していても、さらに利息が増加して、延滞金も増えてしまうでしょうから、早めに対応する事が重要です。
借金の払戻しが不可能になってしまった時は債務整理で借金を身軽にしてもらう事も考えてみましょう。
債務整理もいろいろな手段がありますが、少なくすることで払戻が可能なのであれば自己破産よりも任意整理を選ぶといいでしょう。
任意整理を行ったならば、将来の利子等を軽くしてもらう事が出来、遅延損害金等の延滞金が交渉次第で減らしてもらうことが出来るから、かなり返済は楽に出来る様になるでしょう。
借金が全部無くなるのではありませんが、債務整理する前と比較し相当返済が減るから、よりスムーズに元金が減額出来るようになるでしょう。
こうした手続きは弁護士にお願いすれば更にスムーズですので、先ずは無料相談等を利用してみたらどうでしょうか。

|借金の督促と時効について/自己破産

今現在日本ではたくさんの人がさまざまな金融機関から借金していると言われています。
例えば、住宅を購入する時その金を借りる住宅ローンや、自動車を購入の際にお金を借りる自動車ローン等があります。
それ以外にも、その使用目的不問のフリーローン等いろいろなローンが日本では展開されています。
一般的に、使途を全く問わないフリーローンを利用する人が数多くいますが、こうした借金を活用した人の中には、その借金を返金出来ない人も一定の数ですがいるでしょう。
その理由としては、勤めてた会社をリストラされ収入源がなくなり、リストラされていなくても給料が減ったり等さまざま有ります。
こうした借金を支払ができない人には督促が実施されますが、借金その物には消滅時効が存在しますが、督促には時効がないといわれているのです。
また、1度債務者に対し督促が実行されれば、時効の一時停止が起こるため、時効においては振りだしに戻る事がいえます。そのために、借金した消費者金融又は銀行等の金融機関から、借金の督促が実行されたら、時効が一時停止してしまうことから、そうやって時効がついては振出に戻ることがいえるでしょう。その為、借金をした消費者金融、銀行などの金融機関から、借金の督促がすごく重要といえるでしょう。